忍者ブログ

りゅーていの小部屋

よろずなことをつらつらと。

2017/05    04« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

逃げるっていうシチュエーションが一番スリリングだと思うんです

違うかな。
いや、そうださ!

ふと考えたことです。

主人公が無力でゆえに必死に命を賭して逃げ回らなけりゃいけない状況がベストです

時計の塔とか
某後頭部の長い異星生物の出てくる映画とか。

後者は銃だの爆薬だの色々使っていますが、いかんせん数が多いし
前者に至っては武器がないし、一時的に撃退しても何度も出現してきますからね。

日常生活では、こう、近くの店や民家に逃げ込むっていう選択は限りなく正解だけど
そういう常識的正解がぺにょっと覆る状況がグッドですね。

主人公が常に気を張ってずぅっと逃げ続けるのがいいと思うんですよ
明らかに足手まといなヒロインがいるとベターです
逃げ続ける難易度が上がるんですからw

秋田氏の『えんじぇるはうりんぐ』において主人公が撤退戦をするうちに民家の間に(ほぼ)挟まった状態で居眠りするシーンがあって、そういうの、すごく好きです
目が覚めてから、『眠っていただなんて!』って自分に舌打ちするみたいなのが好き
上記の主人公は少しの小休止のつもりが疲労のあまりにうたた寝してしまったという。

「眠っていただなんて……!」
って呆然→自己嫌悪→焦燥する主人公はすごくいいなぁ
だって危機感を持っているってことですものね

そうそう。

結局、どんなに切迫した状況でも主人公が危機感を持って行動しているように見えないと、読み手には伝わらないんですよね
普段ならば、ありえないような言動・選択・情動が見え隠れするといい
何も出来ないヒロインに八つ当たりするとか、ひどく攻撃的になるとか
逆に物凄く臆病になる時期もあるといいし、最終的には冷静になれるとようだといい。

でも、いざというときにマジビビリwww
お前恐怖を克服したとちがうんかwwwwwっていうのがいいよね

無力で。

でも必死で。

もがく主人公がやはりよいなぁ。

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[10/17 たま]
[05/06 深飛]
[06/20 管理人・りゅーてい]
[06/16 某R]
[06/26 りゅ]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
りゅーてい
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- りゅーていの小部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]