忍者ブログ

りゅーていの小部屋

よろずなことをつらつらと。

2017/05    04« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近になってようやくブリーチに好きなキャラ、というかむしろ萌えキャラがでてきました。
何を隠そう、そう、あのまゆり様です。
マジで萌えるわぁvvvv

最新刊のまゆり様の活躍には大変もえさせていただきました。
本当にいいキャラしてるなぁ、と思った。

相変わらず話そのものは何がしたいんだかわかんないんだけどね。


ふと思ったこと。
悪人というか、物語における主人公の敵方というべきかしら?
それも大概においては『悪』と呼ばれる立場の人々だけども。
貫徹している悪は拍手喝采するべきだと思う。

※物語においてはですよ?

独断と偏見に基づく、『やってはいけない悪の行動』を考えてみた。

・主人公サイドを助けたり、見逃したり、敵対行動をとるときにおいて手を抜く(余裕をかますのは不可抗力ゆえにOK)。
・主人公サイドの人物に好意以上の感情を抱く(それがマイナスのベクトルならばよし)
・だからといって主人公サイド以外には優しかったりするのは大いなるNG。
・ツンデレ(自分側の味方・仲間ならOK)
・すぐ寝返る

案外列挙すると少ないなぁ。

けれども、この少ない項目もクリアできない悪は意外に多いと思う。
主人公サイドがひ弱な頃には見逃してあげたりとか。
主人公側に因縁のある登場人物がいるだとか。
主人公側でない、仲間とかにも全く関係ないところに心安らぐ場所をこっそりつくってあるとか。

例として挙げるなら、DQ4のピのつく人。PS版では仲間になる人ね。
エルフ囲っちゃってるしw オイオイww

人間臭い敵役ってすごく魅力的なんだけど、最近はちょっと食傷気味。
ばらマリやされ龍とか、スニーカーでは結構徹底した悪役が出てくる小説が多いかもしんない。

素敵よね。

や。
され龍はもうガ×3文庫に移っちゃったけどさ。
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[10/17 たま]
[05/06 深飛]
[06/20 管理人・りゅーてい]
[06/16 某R]
[06/26 りゅ]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
りゅーてい
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- りゅーていの小部屋 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]